儲けるために重要な損切り

投資で儲けるために絶対に必要なテクニックがあります。
それは「損切り」です。

当サイトでは口が酸っぱくなるほど言っている「利益を出すことよりも損失を出さないことを優先する」という基本。
この損失を出さない方法が、損切りだと言えます。

損切りが上手な人ほど損失が少なく、最終的には儲けることができる人なのでぜひ覚えてみてください。

株式投資で例えるとわかりやすいかもしれません。
投資した株券の株価が下がってきているとしますよね。
この時点で2つの考え方が生まれてきます。

1つは「まだ大丈夫だ」とか「取り戻すことがまだまだできる」という考え方。
もう1つは「損はしているが、損失が大きくなるのが怖いので株券を売却する」という考え方。

損切りは、損失を認めて最小限に抑える方法のことを言います。
この考え方であれば後者が損切りです。

その時点で損失が出ていても、自分の都合の良い方向に考えてしまうのが投資の魔力だったりします。
「まだ上がるはずだ」と判断するのは、相当の裏付けが無ければとても危険です。

株価は下がる時にはどんどん下落します。
もう下落した時点では、時、既に遅しのケースもあり得ます。
損失が出てもいかに最小の損失で抑えることができるか。
これが上手な損切りだと言えるでしょう。

最終的には潔く損切りができる人ほど、利益が残るはずです!
copyright(C)投資で儲けて何が悪い